SEO内部対策方法 - 成果報酬型SEO対策|10位以内のみ格安日額成果報酬のSEO対策

SEO内部対策方法

  • SEO内部対策方法には、
    100ほどの「SEO内部対策方法」がありますが、主なものは下記のものになります。
  1. サイトマップの整備
  2. ナビゲーションの調整
  3. 内部リンクの整理
  4. ページキーワードの絞り込み
  5. h1h2h3の記述方法
  6. h1h2h3直下のテキスト記述手法
  7. titleの記述方法
  8. meta descriptionの記述方法
  9. altの記述方法
  10. テキストコンテンツの総量とページ毎の量
  11. テキストコンテンツの質
  12. ヘッダー・サイドバー・メイン・フッター各エリア内のテキストコンテンツ
  13. テキストサイズ
  14. キーワードの選定と配置
  15. キーワードの強調
  16. キーワードの出現率
  17. テキストコンテンツと画像altの比率
  18. コンテンツのレイアウト
  19. titleやhx(見出し)での記号の使い方
    ※→ SEO対策での記号の扱い方
  • SEO内部対策方法は、そのサイトのレイアウトやデザインに合わせて強弱があります。
    サイトのレイアウトやデザインにかかわらず押さえておかなければならない「SEO内部対策方法」と、レイアウトやデザインに応じた「SEO内部対策方法」を組合わせることが必要です。
  • サイトのレイアウトやデザインにかかわらず押さえておかなければならない「SEO内部対策方法」
    1.サイトマップの整備
    2.ナビゲーションの調整
    3.内部リンクの整理
    4.ページキーワードの絞り込み
    5.h1h2h3の記述方法
    6.h1h2h3直下のテキスト記述手法
    7.titleの記述方法
    8.meta descriptionの記述方法
    9.altの記述方法
    10.パンダアップデート対策チェック
    11.ペンギンアップデート対策チェック
    レイアウトやデザインに応じた「SEO内部対策方法」
    上記1.~11.以外の「SEO内部対策方法」
  • 成果報酬SEOをご依頼いただく前に、SEO内部対策のレベルを無料でお調べします。
    SEO内部対策が一定のレベルに達していない場合には、「SEO内部対策改良仕様書」を提供させていただきます。
    簡単に改良できる程度であれば「SEO内部対策改良仕様書」は無料ですが、範囲が多数になる場合は有料30,000円とさせていただいております。
  • SEO内部対策レベルは、下記の3レベルに分類されます。
  1. 【SEO内部対策<レベル1>】
    一定基準以上のSEO内部対策レベルに達しており、そのままで成果報酬SEO対策を承ることができる
  2. 【SEO内部対策<レベル2>】
    SEO内部対策が一定基準にはやや不足しており、不足部分を改良していただいた後に成果報酬SEO対策を承ることができる
    → ご契約の際に、無料で「SEO内部対策改良仕様書」をご提供させていただきます。
  3. 【SEO内部対策<レベル3>】
    SEO内部対策がかなり不足しており、全般的にSEO内部対策が必要
    → 有料30,000円で「SEO内部対策改良仕様書」をご提供させていただきます。
    ※ご自身で改良工事ができない場合には、50,000円でSEO内部対策改良工事をさせていただきます。
    ※WordPressで制作されたホームページですと弊社が最も得意としておりますが、その他のCMSで制作されたものは弊社では承れません。
    ※また、htmlで制作されたホームページで、ページ数が20ページ以上のものは、ページ数に応じて追加料金が必要です。
  • 過去に「不正なSEO内部対策」をされている場合には、その痕跡があると思った成果が得られないことがあります。
    ご契約前に、弊社の調査で「不正なSEO対策」を発見した場合にはお知らせします。
  • 外部リンク方法は下記をご覧ください。
    → 外部リンク方法
  • ホームページのリニューアル時には注意が必要です
    せっかくリニューアルするのですから、「本格的で最新のSEO内部対策」をされることをお勧めします。
    参考:ホームページのリニューアル

成果報酬型SEO対策の内部対策追記を掲載しましたのでご覧ください。

SEO内部対策方法
成果報酬型SEOのお申込みフォーム 成果報酬型SEOのお申込み電話